ヒールの修理方法

パンプスパンプスなどのヒールも、革靴やスニーカーのかかと同様、履けば履くほど擦り減ってしまいます。ヒールのゴムの部分が完全に擦り減って、歩くたびカンカンと音が鳴ってしまったり、やむを得ず履くのを諦めて処分してしまうという方も多いのではないのでしょうか。しかし、そんなヒールも、かかとのように自宅で修理が可能なのです。

ヒールを自宅で修理する場合、材料を用意する前に確認すべきことがあります。靴を履いた時に他の靴底の部分と高さが合うよう、ヒール部分の長さを調べましょう。ヒール部分の長さがわかったら、100円ショップや靴屋さんで、直すヒールの長さに合った新しいヒール部分を購入してください。その他に、ニッパーまたはペンチ、トンカチ、接着剤、紙やすりを準備します。

まず初めに、擦り減ってしまったゴムの部分や、ヒールに刺さっている針が残っている場合はニッパーかペンチで取り除いてください。次に、用意した新しいヒール部分の針の部分を、靴のヒールの穴に差し込みます。針を刺した時、きついと感じるようであればトンカチで少し叩いて差し込んでください。反対にゆるいと感じたら、ヒールの穴に接着剤をいれてから針を差し込むといいでしょう。ここまできたら、あとは実際に履いてみて高さを調整します。高いと思った方の靴のヒールを紙やすりで削ることで簡単に調節可能です。違和感なく履くことができたら、ヒールの修理は完了です。

かかとやヒールが擦り減ってしまうことで、気に入った靴を諦めてしまうのはもったいないです。靴修理のお店で直してもらうに越したことはありませんが、自宅でも意外と簡単に修理できるので、ぜひ試してみてください。


関連記事