ヒールの修理方法

パンプスパンプスなどのヒールも、革靴やスニーカーのかかと同様、履けば履くほど擦り減ってしまいます。ヒールのゴムの部分が完全に擦り減って、歩くたびカンカンと音が鳴ってしまったり、やむを得ず履くのを諦めて処分してしまうという方も多いのではないのでしょうか。しかし、そんなヒールも、かかとのように自宅で修理が可能なのです。

ヒールを自宅で修理する場合、材料を用意する前に確認すべきことがあります。靴を履いた時に他の靴底の部分と高さが合うよう、ヒール部分の長さを調べましょう。ヒール部分の長さがわかったら、100円ショップや靴屋さんで、直すヒールの長さに合った新しいヒール部分を購入してください。その他に、ニッパーまたはペンチ、トンカチ、接着剤、紙やすりを準備します。

まず初めに、擦り減ってしまったゴムの部分や、ヒールに刺さっている針が残っている場合はニッパーかペンチで取り除いてください。次に、用意した新しいヒール部分の針の部分を、靴のヒールの穴に差し込みます。針を刺した時、きついと感じるようであればトンカチで少し叩いて差し込んでください。反対にゆるいと感じたら、ヒールの穴に接着剤をいれてから針を差し込むといいでしょう。ここまできたら、あとは実際に履いてみて高さを調整します。高いと思った方の靴のヒールを紙やすりで削ることで簡単に調節可能です。違和感なく履くことができたら、ヒールの修理は完了です。

かかとやヒールが擦り減ってしまうことで、気に入った靴を諦めてしまうのはもったいないです。靴修理のお店で直してもらうに越したことはありませんが、自宅でも意外と簡単に修理できるので、ぜひ試してみてください。


関連記事

かかとの修理方法

靴の修理でも多いのが、革靴やスニーカーのかかと、パンプスのヒールです。まずは、すり減ってしまった革靴やスニーカーのかかとを自宅で修理する方法をご紹介します。

用意するのは、新聞紙、定規、ガムテープ、紙やすり、靴底補修材です。最後の靴底補修材は、プラスチック製のシートとヘラが付属しているものが便利です。

黒いヒールの靴まずは、汚れないよう新聞紙を敷きます。靴底補修材は真っ黒なので、床などが汚れないように注意してください。そしてプラスチックのシートでかかとの型を作っていきます。擦り減る前のかかとの厚みくらいの幅、かかと部分の周囲の長さくらいの長さで長方形を作ります。定規などを当てながら切ると真っ直ぐ綺麗に切ることができます。型ができたら、さっそく靴のかかとの周囲に沿わせ、擦り減る前のかかとの位置でガムテープを使って貼り付けます。

ここまでできたら、擦り減っている部分に靴底補修材を乗せていきます。ここでヘラを使って、先ほど貼り付けたシートの高さに合わせるよう靴底補修材を平らにしてください。綺麗に塗れたら、乾燥させます。乾燥時間は、靴底補修材によるので、表記に従ってください。完全に乾いたら、試しに履いてみましょう。履き心地が悪かったり高さが違ったりしたら、紙やすりで削って調整することができます。違和感なく履くことができれば、かかとの修理は完了です。


関連記事

ソールの補強

大切な靴を靴修理のお店で直したいけど、近くになかなかお店がない方や、お店に行く時間がない方も多いかと思います。そこでそんな方たちのために、自宅でもできる簡単な靴修理の方法をご紹介します。

靴裏頻繁に履いている靴が、歩いているときに靴底がはがれてしまったなんてこと、ありませんか?特に革靴は、スニーカーより靴底がはがれやすいかと思います。靴底がはがれると、「もうこの靴はダメか…」と思いがちですが、実は自宅で直せるのです。まずは、靴底がはがれてしまった時にやるソール補強をご紹介します。自宅でのソールの補強は、100円ショップのアイテムでやることができます。準備するのは、靴底用すべり止めパッド、靴底補修用ボンド、インソールの3点です。

最初に、はがれた靴底の部分に靴底補修用ボンドを塗り、はがれた部分をくっつけます。ボンドがはみ出た場合はティッシュなどで拭き取ってください。次に、はがれた靴底が再びはがれてこないよう、はがれた靴底に靴底用すべり止めパッドを貼ります。最後に、インソールを靴の中にいれてください。インソールをいれることで、歩いた時の靴底への負担が減るので、靴底がはがれにくくなります。もちろん、インソールをいれることでサイズが合わなくなってしまう場合はいれなくても大丈夫です。

たったこれだけで、はがれてしまった靴底を直すことができます。100円ショップのアイテムなのでお財布にも優しい靴修理方法です。


関連記事

靴職人による靴修理

私たちの生活に欠かせない靴。綺麗な靴を履いていると、自然と足取りも軽くなるのではないでしょうか。しかし靴は履けば履くほど傷んでいきます。そして、修理が必要な状態になってしまうこともあるのです。靴修理のお店では、履きつぶして傷んだ靴を、靴職人の手によって綺麗にピカピカにしてくれます。靴のかかとやヒールの修理、前底の整理、靴の中敷きであるインナーソールの取り替えや張り替え、靴底全体であるオールソールの取り替え、前底(ソール)の取り替え、つま先部分の修理、履き口の汚れや破れ、縫い目の修理など、靴一つでもこれだけの修理メニューがあります。またお店によっては、店舗では直しきれない靴を工場で修理してもらうというお店もあります

靴お店での修理は、靴職人の方が一足一足丁寧に修理しています。そしてプロの靴職人だからこそ、丁寧かつスピーディーに修理を終わらせることを目標にしています。そのため、よくあるかかとやヒールの修理はその日のうちにその場で直してくれるところが多いです。また靴修理のお店では、靴を綺麗にするだけでなく、その靴を履くお客様の足の形に合っているかどうかもフィッティングしてくれるのです。

お気に入りの靴が壊れてしまったりボロボロになってしまったりしても、諦めずに靴修理のお店に持っていってみてください。嘘のように綺麗で自分にぴったりの靴に大変身してくれます。また、普段から少し履きづらいなと感じている靴や、自分の足に全然合わずに下駄箱に眠っている靴も、靴修理のお店に持っていく価値があると思います。


関連記事